めぐむに髪を切ってもらいたい方はココをタップ!

美容室の闇|そのトリートメント本当に効いてる?

はい!

ちょっと間が空いちゃいました…

美容室の闇第4弾です

めぐむ
めぐむ
今回は全国の美容師を敵に回す発言をします!

って言ってますけど、多分、同感の美容師さんも少数ながらいると思います!

早速行きますねーーー

そのトリートメント多分ですけど…
意味ないよ!っていうかさらにダメージしてる可能性もあるかも!

というわけで、この内容はあくまでもぼく自身の勝手な考え方です

めぐむ
めぐむ
詳しい理論的な根拠は一歳ありません!

とにかくぼくの考えだということだけ忘れずに!

そう!

トリートメントって意味ないって話!

特にシャンプーの後にする集中トリートメントってやつ!

理論的な根拠はありませんが、実際に妻の髪の毛にて手触り、クシ通りでは実感してます

以前、妻の髪の毛を毎月トリートメントしてたんですが、やったところで、1ヶ月後には元通り…もしくは余計に傷んでる気がする…

もともとトリートメントは髪の毛を修復はできません!

ちょっとコーティングして手触りを良くしているだけです

髪の毛って細胞としては死んでる状態なので、自己再生機能はありません

一度傷んでしまったものに、何を詰め込んでも一旦は入るけど、必ず抜けます

めぐむ
めぐむ
ここで、ぼくはある過程を考えます

トリートメントはとてもコーティング力が強いものです

そのコーティングが剥がれる時のことを考えます

例えばその強力なコーティングがセロテープだったとすると、そのセロテープを破れそうな紙をくっつける為に使ったとします。そしてそれが毎日摩擦でこすれてセロテープが剥がれてきたとします。すると紙はどうなっているでしょう…そう!セロテープのもともとの粘着のせいで、紙の表面が剥れることが予想できますね…

はい!ここで髪の毛に話を戻します

トリートメントはとての髪の毛に強く吸着します
その強く吸着したものが剥がれたら、どうなる?

さっきの紙の話を思い出してください

紙の表面の繊維ごと剥がれていきますよね

って、そんなに剥がそうとしないから大丈夫でしょ!って思われるかもしれませんが、髪の毛は毎日シャンプーで洗いますよね!人によっては1日に2回も3回も洗う人もいます

濡らしながら、洗剤でゴシゴシ洗ったら、紙なんてすぐにぼろぼろになりますよね?

つまり、髪の毛に施すトリートメントは余計ダメージを与える要因を作っているんです!

そして、1ヶ月後にはまた痛みがはっきり出てくるので、結局またトリートメントしたくなりますよね…

これって、もしかして、トリートメントを使ってもらうための策略なんじゃないか…

はい!信じるか信じないかはあなた次第!

と、結果的に妻の髪の毛は今、普通にカラーもパーマもかけてますが、トリートメントはここ数年やっていません

普段は、ぼくが選んだシャンプートリートメント(普段使いのやつ)と乾かす前のオイルのみ使用しています!あっ!あと、パナソニックのナノケア

美容室で働く美容師でありながら、美容室でのトリートメントを勧めないのはこのぼくです(笑)

もちろん!お客様のほとんどは、トリートメントをやることに意味を感じている方も多いので、そういう場合は止めません。そのかわり、高いトリートメントは勧めません。お店で1番お手頃なトリートメントで十分だとお伝えします!

というわけで、全国の美容師さんを敵に回すかもしれない美容室の闇第4弾でした!

また次回お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です